建てられる家が制約される

注文住宅を建てる場合には、まずはじめに土地を用意しなければなりません。あらかじめ土地を所有している場合は難しく考える必要はないのですが、そうでなければ一から土地探しをする必要があります。注文住宅の建築に先立って土地探しを行うのにはいくつかのデメリットがあるのですが、その中でも建てられる家のスペックが制約されかねないという点には特に注意しなければなりません。 土地ごとに建ぺい率や容積率などの建築制限が設けられているため、例えば、建ぺい率が40パーセントの50坪の土地を購入した場合、そこには20坪以上の建坪の住宅を建築することはできないのです。土地の購入後にそれよりも広い家を建てようと思っても実現不可能ですので、もし建てたい家があるのであれば、事前に希望条件を洗い出しておいた方がよいでしょう。

トータルのコストが高くなりがち

注文住宅を建てる前に土地を購入する場合、当然ながら土地の代金を支払った後で注文住宅の建築料金を支払うことになります。建物の建築料金は、当初想定していた金額から高くなりやすい傾向にあるため、土地代の支払い後に建築料金が高騰してしまうと、結果的に予算内ではコストが収まらず、結果として考えていたよりも多額の住宅ローンを抱え込むことになりかねません。もし先に土地を購入するのであれば、そういったリスクについてしっかりと認識したうえで、余裕を持って建築料金の予算を組めるように、少し安めの物件を選ぶようにする必要があります。もし目移りしてしまって自分だけでは決められないのであれば、住宅メーカーの担当者に一度相談してみるのもよいかもしれません。

新築一戸建ては、新しい家に住めるのが魅力です。中古一戸建てよりも価格は高くなりますが、しばらくの間はリフォーム代がかからないというメリットもあります。