自分で土地探しをする手間が省ける

注文住宅を建てるためには、まずはじめに土地を探さなければなりません。土地探しは施主が自ら行うこともできますが、それ以外に住宅メーカーに代行してもらうという選択肢もあり得ます。メーカーに探してもらうメリットの中でも大きいのは、自分で探す手間を省けるというものです。土地探しは、情報を収集した上で、自分の希望に合う物件を見つけ出し、さらに現地に行って環境を確かめたり、その土地に設けられている様々な建築制限の内容をチェックするなど、思った以上にやらなければならないことがたくさんあります。不動産の専門家ではない施主だけでは、うまく進められないケースも少なくないので、そういった手間を全てメーカーの方でやってもらえるメリットは大きいといえるでしょう。

一般に出回っていない物件を見つけられる

また、住宅メーカーは不動産業界における独自のネットワークを有しているため、場合によっては一般に公開されない希少な物件を探し出してもらえる可能性があります。そういった物件の中には、相場よりも価格が安いものや、なかなか売りに出ないような人気エリアのものが含まれている可能性もあるので、運が良ければ自分だけで探していたのでは絶対に巡り合えないような土地を手に入れられるかもしれません。この手の情報は、大手の住宅メーカーだけでなく、地場で事業を営んでいる中小の住宅メーカーも有しています。聞くだけであれば特に料金が発生することはないため、まずは希望する条件に見合う物件がないかを気軽に相談してみるとよいでしょう。

従来の分譲住宅は、照明やカーテンは別途自分たちで設置しなければならないものでした。しかし最近では照明やカーテンはもちろん、家具付きのものもあります。