代行してもらう住宅メーカーはしっかり選ぶ

住宅メーカーに土地探しを依頼する際に注意したいのが、土地を探してもらってから家を建てる住宅メーカーを変更できないことです。もし、途中で家を建ててもらう住宅メーカーを変える場合は、土地探しからやり直しとなります。後から後悔しないためにも予算規模や住宅の質、サービスなどを事前にリサーチし、ここで家を建ててもらいたいと思える住宅メーカーをしっかり選び抜いてから、土地探しを依頼するようにしましょう。注文住宅を建てるに当たって住宅メーカーとは長い付き合いとなるので、住宅メーカー側の担当者の質も重要な要素です。こちらの要望を汲み取ってもらえる信頼できるパートナーとなれるか判断し、納得したうえで依頼するようにしてください。

家を建てる意思をはっきり示す

住宅メーカーはあくまで家の建築を本業としている業者だということも、土地探しの際に意識しておきたいポイントです。基本的に住宅メーカーはすでに土地を持っていて、これから家を建てようとしている人を相手にします。そのため、住宅メーカーで代行してもらう場合は、家を建てる意思があることをはっきり示すことが重要です。良い土地があったら建てるといったような曖昧な態度では、住宅メーカーの方も本気で協力してくれないでしょう。土地を入手しても家を建てるかどうかわからないという場合も、優先度が下がってしまう可能性があります。依頼する際には、良い土地を探してくれたらそのメーカーで家を建てる予定があることをしっかり伝えるようにしましょう。

建売住宅は建物と土地がセットで売られているため、オーダーメイドの注文住宅より安く買えたり、予算が組みやすいことが魅力です。しかし、外観や間取りがすでに決まっているので自由度は低くなります。